個人情報の取り扱い

労働組合だからこそ、個人情報の取り扱いに習熟してください。


個人情報の取り扱いについて説明します。

問い合わせる
にいがた青年ユニオンに加入したあなたは、何らかの理由があるはずです。他の組合員も、何らかの問題を抱えて加入するケースが多いのですが、生活不安や心身の健康に不安をきっかけに加入しているかもしれません。 このような情報は、他の人に知られたくないものも多く含まれています。 そうした組合員どうしが協力して活動しているので、あなたも個人情報の取り扱いについては習熟してください。

個人情報の取り扱いについて理解してください

にいがた青年ユニオンは、組合員一人ひとりが主体的に関わるユニオンです。あなたもその例外ではありません。したがって、個人情報の取り扱いについては、十分理解してください。

外部との関係

にいがた青年ユニオンの組織外との関わりでは、組合員の個人情報は法令や「にいがた青年ユニオン個人情報保護方針」にしたがって取り扱います。なお、にいがた青年ユニオンを支えるサポーターからなる組織がありますが、この組織はにいがた青年ユニオンの運動と密接な関係があり、組織内部に近い扱いとなります。

内部での利用

個人情報の利用については本人同意を得ることが基本ですが、新規加入の際や、役員就任の際には次のようなことがありますので、あらかじめ承知しておいてください。

  • 加入申込書に記載された電話やメールアドレス、住所などは、役員に通知されます。
  • 相談の内容は、役員に通知されます。
  • メーリングリストにおいて、新規加入者を紹介することがあります。その際、氏名、職場や職種など簡潔に紹介することになります。
  • 役員に就任した際は、他の役員に連絡先を知らせます。

特に取り扱いに配慮が必要な個人情報のうち、不必要な情報はできるだけデータベース化しないよう取り扱っています。

にいがた青年ユニオンの加入中に悪意を持って他の組合員の個人情報を漏らした場合

にいがた青年ユニオンに加入中であるにも関わらず、悪意を持って他の組合員の個人情報を外部へ漏らした場合は、除名を含めた重い処分を受けなくてはなりません。

これは、自らの個人情報を漏らされたときのことを考えればわかるとおり、事実とは異なることや労働活動に関わっていることを他の組合員から悪質な意思を持って外部に広められるようでは、安心して組合活動に取り組むことができないためです。

にいがた青年ユニオンを脱退するとき

にいがた青年ユニオンを脱退することは、あなたの自由な意志に従います。その際は、脱退の手続きを行うことになりますが、組合員の地位にあることによって知り得た他の組合員の個人情報については、脱退の後もみだりに第三者に漏らさない義務を負うものとします。

これは、自らの個人情報を漏らされたときのことを考えればわかるとおり、お互いに個人情報をみだりに外部に漏らさない約束を交わそうというものです。かといって、最初から組合員どうしがお互いのことをまったく知らないようにすると、組織運営ができませんので、このような方法を採っています。


にいがた青年ユニオンをフォローする

こちらの記事もいかがですか?